ショートのいろいろ

ショートスタイルまとめてみた

髪型を決めるときざっくりと

「ショートにしようかな?」

って思ったりしますよね。

それからスタイルを検索したり。でもショートって案外いろいろあってどれが自分にあっているのか?

 

えりあし短め編

ボリュームup エレガントショート

ボブのテイストを残したショート。

まとまりのいい大人世代におすすめ。

直毛の人やちょいクセの人は乾かすだけでOK!

 

くせを生かすショートボブ

クセがあって扱いずらい人もえりあしを短くすることで、クセが気になりにくくなり、スタイリングが簡単に。

表面に出てくるクセはあえて動かして。

ストレートヘアーの人はゆるめにパーマをかけるといいですよ。

 

耳だしクールショート

軽めのスタイル。耳もみえる長さなのでよりスッキリした印象に。

もみあげも残しめなので、耳にかけることもできます。

トップの毛を短くしているので動きが出やすく、ワックスをつけると束感かでてオシャレにきまります。

 

丸いフォルム マッシュベースショート

サイドからバックに繋がるマッシュベースのショート。

重さを残したスタイルなのでおさまりがいい。

マッシュはサイドに丸みが出るので、面長の人やシャープな印象の人は柔らかい雰囲気になります。

 

こちらも、マッシュショート。先ほどのしょーとよりも重さが下にきているバランス。

少しボブに近づけているので伸ばし中の人にもおススメです。

 

バランス◎ベーシックショート

耳は見えないぐらい、えりあしは軽く、ボリュームもでて、頭の形もキレイに見えるベーシックなショートスタイル。どの世代にも愛されるショート。

 

ゆるパーマ カジュアルショート

ベースカットは軽めのショートボブですが、そこにパーマをかけてランダムに動くように。

クセを生かすのとは違って、カールっぽいのが特徴。

クセが強くてまとまりずらい人もゆるめにパーマをかけることで、クセの方向が一定になってまとまりやすくなることもあります。

 

ショート風のボブ

ショートというよりはボブの方が近いかも。

段の入っていない重めのボブに少し段を入れて、毛先をすくことでショートっぽい雰囲気になります。

えりあしの毛先をあえてすきすぎないようにすることで、ボブのテイストを残しています。

ショートになりすぎるのはちょっとな~って人にはオススメです。

 

シニア世代 ベリーショート

シニア世代のスッキリベリーショート。

耳はしっかり出してえりあしも刈り上げないギリギリの長さでカット。トップにもボリュームを出して、乾かすだけできまるスタイル。

清潔感のあるシニアベリーショートです。

 

まとめ

えりあし短めのショートのいろいろ。

ショートといっても、重め軽め、パーマあるなしなど様々。

短めショートはおまかせください。似合うスタイルをデザインいたします。