アラフォー美容師が大人女性の悩みを解決!!

乾燥が気になる季節。自宅でできる乾燥対策!

髪が乾燥するとどうなる?

冬にかけてだんだんと乾燥が気になりますよね。肌が乾燥するのと一緒で髪の毛も乾燥します。

髪が乾燥してしまうと、

・ツヤがなくなる

・パサつく

・切れ毛が増える

・静電気が起きる

・ダメージがしやすくなる

など、髪への影響がでてきます。

 

なぜ髪が乾燥してしまうのか?

乾燥する原因として、髪の内部の水分が減少してしまう事が考えられます。

水分が減少する理由として、

①髪の毛の表面を覆っているキューティクルが剥がれてしまう。

②ドライヤーやアイロンなどの熱の当てすぎ

が考えられます。

①キューティクルが剥がれる原因

キューティクルは髪の毛の表面を何層にもコーティングしているのですが、カラーリングやパーマによるダメージ、寝ているときの摩擦などで剥がれてしまいやすいです。

そうなってしまうと、髪の毛の水分が失われ乾燥しやすい状態になってしまいます。

 

②ドライヤーやアイロンの影響

ドライヤーはアイロンの熱で髪が乾燥しやすくなります。熱をおなじ場所に当て続けると、髪の毛の水分がとんでしまい、その状態でずっとドライヤーを当てていると静電気が起きてしまったり。そうなると乾かしすぎのサイン。

アイロンの熱は直接髪に高温の熱を与えるので、おなじ場所に3秒以上は当てないことをおすすめします。

自宅で出きる髪のダメージ対策

ダメージ対策は乾燥対策にもなります。

髪をダメージさせないためには、お肌と一緒で毎日のヘアケアが大事になります。

  1. シャンプー後はトリートメントをする
  2. 洗髪のあとはすぐに乾かす
  3. ドライヤーの前は洗い流さないトリートメントをつける
  4. 地肌を乾かすようにドライヤーをあてその後に毛先を乾かす
  5. 絶対塗れたまま横にならない
  6. アイロンの温度は150℃以下(3秒以上当てない)
  7. 乾燥が気になるところにはオイルやクリームで保湿をする

 

まとめ

髪の毛は死活細胞といって死んでしまっている細胞です。そのため、傷んでしまった髪の毛は元に戻らないので、からーやパーマをするときにはサロンでもトリートメントをして、自宅でもケアをする事でダメージを抑え、乾燥を予防する事ができます!