アラフォー美容師が大人女性の悩みを解決!!

【白髪のあるお客様】白髪染めからおしゃれ染めに変えてみた!!

白髪染めだけが白髪対策ではない?!

今まで白髪を染めるのが当たり前で定期的にリタッチをするのが普通だと思っている人はたくさんいるかと思います。

でもほんとはカラーリングってもっと色々楽しめるし、場合によっては白髪染めを使わない方がいいことも。

(でも白髪染めじゃなきゃ白髪染まらないじゃん!)

って思いますよね。

でも実際は「染まらない」のではなく「染まり方が違う」のです。

 

白髪染めとおしゃれ染めの染まりかたの違いとは?

白髪染めはその名のとおり白髪が染まりやすいようにカラー剤がつくられています。白髪がしっかり染まるようにブラウンの色味が濃く入っています。

明るさにもよりますが、地毛と白髪が同じ色に染まったり、明るめのカラーでも白髪の浮きがすくない。また、カラーの退色もおしゃれ染めに比べると落ちにくいです。

 

逆におしゃれ染めは、染めた色がそのまま発色されるので、ベースの色によって色の出方が変わってきます。

例えば、赤で染めると黒髪の所は赤茶っぽくなり、白髪の所は赤くなります。もしブラウンのおしゃれ染めでそめたら、白髪の所はブラウンに染まります。明るいカラーを選ぶと黒髪の所は明るく、白髪の所の染まりはより薄く染まります。

そして、白髪染めに比べて退色しやすいのでだんだんあかるくなってきます。

 

白髪染めとおしゃれ染め、どっちがいいの?

今まで白髪染めが普通でストレスがなければもちろんそのままがいいかと思います。

  • 白髪をしっかり染めたい
  • 退色が気になる
  • カラーチェンジを考えていない
  • 明るくする予定はない

という人は白髪染めが向いています。

ただ

  • 色んな色を楽しみたい
  • 退色して赤っぽくなるのが嫌
  • 明るいカラーにしたい
  • 白髪は目立たなければいい

という人は、白髪染めじゃなきゃいけないわけではありません。

それと、

「いつかはカラーをやめてグレイヘアーにしようかな?」

「いつかは白髪を活かしたカラーをしようかな?」

という人は、おしゃれ染めに変えていくのがオススメ。

なぜなら、濃い白髪染めから急に明るくするのには髪への負担もあるし、おしゃれ染めなら少しずつ退色して明るくする事も可能。

また、白髪の染まりが薄いことでハイライトとして活かす事もできます。少しずつ白髪に慣れていく事も大切です。

その過程でやっぱり白髪が気になるという時は、白髪染めに戻せばいいだけの事。

一度試してみるものいいかも!

 

今回は、ずっと白髪染めをしていた60代のお客様です!

いずれはグレイヘアーにと思いながら少しずつおしゃれ染めに移行してみました。

もともと、真っ黒とかにはしていなくアッシュブラウンの白髪染めで染めていました。

 

《白髪染め100%》

アッシュが入っているので白髪染めでも柔らかいカラーになります。

 

《白髪染め70%》

おしゃれ染めを少し混ぜてみました。仕上がりはほとんど変わりません。退色が少ししやすくなります。

 

《白髪染め30%》

おしゃれ染めのアッシュグレイに白髪染めを30%ほど混ぜてみました。少し透明感がでた気がします。よくみると少し白髪の染まりが薄いかも。パッと見はわかりません。

 

《おしゃれ染め100%》

白髪染めを使わずにおしゃれ染めのみで染めてみました。グレイのカラーをベースに柔らかいブラウンを少し混ぜています。グレイのカラーだけだと白髪のところがグレイに染まってしまうので少しブラウンを混ぜることで白髪の染まりも自然になります。明るさは7トーンベース。おしゃれ染めの7トーンだと白髪もある程度染まります。

ただ退色もしてきます。おしゃれ染めをすることで、白髪の染まりが薄いかも知れませんが、伸びてきた白髪との馴染みがいいので、「いつもより白髪が気にならない」という人もいます。

 

まとめ

白髪を染めるのには白髪染めもいいですが、おしゃれ染めで染める選択肢もあります。

どうなりたいかで染めかたは色々あるので、今までの白髪染めを変えたいな?と思ったら、一度美容師さんに相談してみるといいかと思います。

いくつになってもヘアカラーを楽しんで、ストレスフリーで過ごせたらいいですね☺️