フリーランス美容師が大人女性の悩みを解決!!

ハイライトに興味はあるけど、ブリーチに抵抗がある人へ

カラーリングをだた染めるだけではなく、『ハイライト』をいれて立体感をだしたり、コントラストをつけておしゃれにみせたり、白髪を目立ちにくくするために入れたりと、『ハイライト』が少しずつ当たり前になってきました!

ハイライトは細めや太め、コントラストの付け方でデザインの幅はいくらでもあります。

ただハイライトを入れるには筋を明るくする必要があるので、時にはブリーチ剤を使うことも。

ブリーチは必ずしも使うわけではなく、ナチュラルな仕上がりがいい場合やあまり目立たせたくないというときは明るめのカラー剤や、ライトナーを使うときもあります。

白髪染めをしていて明るくなりにくい人や、コントラストをつけたい人は、白髪をぼかしたい人はブリーチでしっかり明るくしてからの方が、仕上がりに透明感がでてきれいです。

ブリーチって傷まない?

ブリーチと聞くと単純に金髪になるイメージがあるかと思います。

実際ブリーチ剤を使うと一度金髪になるのですが、ダメージでいうと以前に比べてかなり低いです。

市販されているブリーチはダメージがかなり強めですが、サロンでのブリーチ剤は髪のダメージに合わせて強さを調整したり、ケアをしながら施術を行います。

以前のコワゴワになってしまうブリーチとは明らかに違います。

 

ブリーチハイライトお客様事例

そこで今回は、今までハイライトは毎回入れていたけど、ブリーチを使うのは初めてのお客様の事例です!

〈before〉

今回1年ぶりのカラーになってしまったお客様。ブリーチは使ってないけど、毎回明るいカラー剤でハイライトをいれていました。

仕事がらあまり明るくはできないので、ベースは暗めでハイライトを入れて明るさを出していました。

そのため、伸びてきてもあまりリタッチが気にならないというメリットも。根元の黒となじみやすいのです。

でも、もう少しハイライトの部分を明るく透明感を出すために今回はブリーチを初めて使います。

 

ブリーチを使う場合は、まずハイライト部分を先に入れていきます。

時間を置いて抜けてきたら一度流します。

そうすると、ブリーチを使っているので金髪のハイライトが入っています。

この後上からカラーを乗せていくのですが、暗めのカラーだとブリーチ部分も色がしっかり入り仕上がりは馴染みやすく、ハイライトは目立ちにくくなります。

ただブリーチを入れることで、時間が経つと色が抜けていてハイライトがでてきます。目立ちすぎず、長く変化を楽しみたい人は、暗めがオススメ。

全体的に明るくみせたいなら、明るめを乗せてあげると、ブリーチ部分の入りは薄く、明るいハイライトになります。

また、トナーといって流した後にシャンプー台でカラー剤をもみこみブリーチの黄ばみをとる程度のカラーを入れる場合も。

仕上がりをどうしたいかで、カラー方法や選定をかえていきます。

 

〈after〉

今回はベースは明るくしすぎずにアッシュ系のカラーを乗せました。

さっきまでのブリーチ感はなくなり、自然な仕上がりに。ブリーチを使うと、ハイライトに透明感がでます。

 

ブリーチハイライトは時間が経つとどうなる?

ブリーチのようにベースが明るい場合は、時間が経つとどんどん明るくなります。それを見越して、始めは暗めに染める人もいます。

また色が抜けてきたのが気になる場合は、サロンでカラーを入れる方法もありますが、

『カラーシャンプー』『カラートリートメント』

を使って、ご自宅でメンテナンスすることもできます。

カラーシャンプーやカラートリートメントは、明るくする力はなく、色を入れてくれる働きなのでダメージはありません。

そうすることで、抜けてきた所に色が入り抜けて黄色くなってきた部分をカバーできます。

 

ブリーチハイライトスタイル

細めにブリーチハイライトを入れて、明るめのカラーをオン。白髪のあるお客様で、白髪もぼけやすいです。

 

太めの細めをミックスさせたハイライト。色が抜けている状態ですが、明るめがいいとの事で抜けた状態もお気に入りのようです。

 

細めにブリーチハイライトを入れて、明るめのカラーをオン。白髪のあるお客様で、白髪もぼけやすいです。

 

ハイライトは明るく、周りは暗めにカラーを塗っています。コントラストが素敵なハイライトデザインです!

 

【まとめ】

ブリーチハイライトは、一度塗ってからもう一度カラーをするので、いつものカラーより時間も料金もかかります。ただその分今までとは全く違うカラーを楽しめたり、白髪が目立たなくなるなるなどのメリットも。ただ一色に染めるカラーからちょっと踏み込んでみるのも楽しいですよ。気になる人は、美容師さんに相談してみてから施術をするのがオススメです!