フリーランス美容師が大人女性の悩みを解決!!

白髪のリタッチ、しっかり染める派?ぼかしてなじませる派?

白髪のある人でカラーリングをしている人は多くいると思いますが、どう染めても伸びてくる白髪はでてきてしまいます。

そこで定期的にリタッチをしている人はいるかと思いますが、多くの人は白髪染めをしているので、しっかり染めたい!!と思っているのではないでしょうか?

今回は、白髪があるけど白髪染めを使わないで白髪を染めてみようと思います。

 

〈お客様事例〉

白髪がチラホラあるお客様です。白髪は気になるけど、白髪染めには抵抗があるようです。

そこで、白髪染めは使わないけど白髪も染まるように薬剤を配合します。

before

 

after

白髪は目立たなくなりました!

が、白髪染めでしっかりと染めるのをイメージしていた人は、

「なんか白髪の染まり薄くない?」

「白髪がしっかり染まってない気がする」

と感じる人もいるかと。

そうなんです!!

そもそも、白と黒の違うベースを同じ薬で染める場合染まり具合に差がでてくるのは、自然なことなのですが、白髪染めの薬剤は白髪も黒髪も同じように染まるようにブラウンの色素が濃いのが特徴。

そのためしっかりと染まるのですが、明るくしたいと思っても明るくなりずらかったり、退色すると赤っぽくなったりします。また色持ちがいいぶん伸びてきた時の境目は目立ちやすくなります。

 

また、おしゃれ染めで白髪を染めるとしっかりと染まってない気がするかも知れませんが、染まらないわけでもなく、明るいカラーが楽しめたり退色して白髪が薄くなることで、伸びてきた時の境目はぼけやすくリタッチ周期が伸びたという人もいます。

白髪染め・おしゃれ染めでそれぞれ特徴があり、人により白髪に対する気になり度は違います。

どっちで染めるのが正解⭕というのはないので、白髪は伸びてくるものというのを前提に受け入れ、どの方法が一番ストレスが少ないかが大切だと私は考えます。

そのためカウンセリングはとっても大事!

どうなりたいか?どういう選択肢があるか?を担当の人と共有できるかで、ストレスの少なくヘアスタイルを楽しめるライフスタイルが送れます。

白髪がでてきたり増えるタイミングは人それぞれですが、長いお付き合いになりそうな白髪は、ストレスの少ない方法で対策できるといいですよね。