フリーランス美容師が大人女性の悩みを解決!!

白髪が気にならなくなる方法ってあるの?

自由が丘のシェアサロンSALOWIN(サロウィン)でフリーランス美容師をしております。工藤愛です♪

 

私が担当しているお客様は30代以上の方が多く、加齢による髪の毛の悩みをかかえている人がたくさんいます!

この中でも白髪に対する悩みの声は特に多く聞きます。

白髪が気にならないのが一番いいのかも知れませんが、今までなかったものがでてくるのはやはり気になりますよね。

特に30代に入ってからちらほら出てくると、歳をとった感じがしてショックを受けてしまったり😨

白髪が出てくるタイミングや量には個人差があります。だからこそ、老けてみえるのは嫌ですよね!

 

白髪が気にならなくするにはどうすればいい?

よく、白髪が出始めた人によく聞かれます。

 

◎カラーリングをしていない方

カラーリングをしていなく地毛の方は、まずはカラーをしたいか?したくないか?の選択肢があります。

カラーをしない場合は、目立たないような髪型にする方法もあります。

〈分け目に白髪がある人〉

・前髪を作って分け目をハッキリつけない

・目立たないところに分け目を変える

 

〈顔回りに白髪がある人〉

・耳にかけたり結んだりしない

・耳にかけたり結んだりした時に、隠れるように顔回りを短くカットをする。

 

カラーリングをするという選択をした人はどのようなカラーにしたいかが、問題になります。

1.白髪をしっかり染めたいか?

白髪をしっかり染めたい人は、『白髪染め』がおすすめです。ただ、しっかり色持ちがいいカラーだと自然な明るさまでしかしっかり白髪は染まりません。また繰り返し白髪染めを使うことで、「やっぱり明るくしようかな?」と思ってもなかなか明るくなりにくい場合も(ブリーチを使用しないと明るくならないかも)。また、根元が伸びてきた時に地毛と白髪とのコントラストがつきやすいので、すぐに気になりリタッチをするためにカラーをすることに。

カラーの色を頻繁に変えない、白髪が見えることにストレスを感じるというひとは白髪染めがオススメです!

 

2.白髪が目立たないようにしたいか?

白髪が目立たないとは、白髪をしっかり染めるというよりは薄く染まってぼかすカラーや、ハイライトを入れて白髪を馴染ませたりと、あくまで目立たないというだけで、白髪はよく見ればあります。

 

染めていなかった人がファッションカラーで髪色を明るくするだけでも白髪はボケるし、明るくすればするほど白髪は目立たなくなるなります。ただ、白髪の量が少ない人は、明るくしすぎると今度は地毛の黒髪がリタッチとして出てくるので、そっちが気になってしまうかも。

白と黒は一番コントラストがついてしまうので、そこにハイライトで筋を入れたり、黒髪ではない色で染めると白髪はボケます。

せっかくカラーをするなら楽しみたい!というひとは、白髪染めより白髪を気にせずカラーをする方法がおすすめです!

 

◎すでにカラーをしている人

カラーをすでにしている人の中には白髪染めを使っている人は多くいるでしょう。「白髪をしっかり染めたい!」「カラーの色を変える予定もない!」「今の白髪染めで特にストレスを感じない」という人は今まで通りしっかり染めている方が向いているでしょう。

しかし、ずっとリタッチをすることがストレス」「白髪を染めるためにカラーをするのに疲れた」「白髪があっても明るいカラーを楽しみたい!という人は、白髪染めを使わずに白髪をぼかすという方法もあります。

最近はInstagramでも話題になっていますが、

『脱白髪染め』or『脱白髪染めハイライト』

という、ブリーチで細めにハイライトを入れて白髪の仲間作りをしてから、上からファッションカラーをのせる方法。そうすることで、白髪もハイライトのようにがなじみ、白髪を隠すというよりは白髪を活かすカラーができます!!

この染め方は、白髪が少ない人よりも白髪率30%以上の人の方がキレイな髪色になります。なぜなら、白髪はそもそも何色にも染められる最強の色だから!

白髪が増えてくると嫌な気持ちになってしまう人は多いですが、多くなったからこそできるキレイなカラーもあります。白髪が天然のハイライトになって、隠すより活かした方がステキになります。

 

まとめ

白髪はまだまだネガティブなイメージがあるかも知れませんが、ストレスにならないのが一番!!見えることにストレスを感じるならしっかり染めるのもありだし、白髪はどうせでてるくならそれを楽しむのもあり!!

白髪があるから白髪染めしなければいけないことなんてありません!

ストレスフリーで毎日を楽しく過ごせるお手伝いをさせていただきます。