フリーランス美容師が大人女性の悩みを解決!!

【お客様の声】縮毛矯正をやめてみたら、くせ毛もいいかもと思えた。

武蔵小杉駅から徒歩5分。

marina  hair(マリーナヘアー)で美容師をしています。工藤愛です。

ショートやボブスタイルを乾かすだけでスタイリングできるよう日々お客様としっかりカウンセリングをしていますが、髪質によっては希望のスタイルがカットだけでは難しい場合もあります。

今回お客様は長年縮毛矯正を繰り返してきました。

クセが強めでチリチリしてしまうので、常に縮毛矯正をしていて、毛先がまっすぐになるのは嫌だからデジタルパーマをしているときもありました。それでもすぐに根元のくせができてはアイロンを入れたり。

縮毛矯正をしてもくせは気にならないけどスタイリングの時間はかかる状況でした。

そこで思いきって「縮毛矯正をやめる」

提案をしてみました!すると、

「いつかはやめてたいとは思っていた。」とのこと。

改めてお客様の心の声に耳を傾けるのは大事だと実感😌

縮毛矯正をやめた当初↓

根元のはくせでチリチリ。毛先には縮毛矯正が残ってはいるのですが、まとまりずらくダメージも目立ちます。

まず、そのまま放置ではなく

酸熱トリートメント

をしながらなくべるまとまりやすい状態にしていきます。酸熱トリートメントはダメージがないので、くせは伸びませんが髪質改善になります。

これでいつもなら耐えられない湿度の高い梅雨や夏の時期を乗り越えられました。

 

詳しい酸熱トリートメントの説明はコチラ↓

今話題の『酸熱トリートメント』って?

 

酸熱トリートメントを何度かしたのち、毛先に残っていた縮毛矯正の毛もカットをしてなくなり、くせ毛の状態に。毛先には少し酸熱の効果が残ります。

 

くせ毛を活かしたカットをします!!

まずくせは強めなのでまっすぐにするのは難しいので、動きのあるショートにします。襟足はハネやすいのでそのまま外ハネに。あえて逆らいません。

くせで膨らみやすい人は外ハネスタイルだと、中間にへこみができるので軽い印象にもなります。

またトップの動いてします毛先もまっすぐにせず馴染ませるようにカットをします。まるでゆるめのパーマをかけてるいるかのよう。

くせがある人は抑えようと思ってまっすぐにしがちですが、はじめから動きを出すことでくせがでてきても気になりにくい。むしろくせを出すスタイリングがオススメ。

 

〈くせ毛を活かすスタイリングの注意点〉

くせ毛の特徴として乾燥しやすく、パサつきやすいという点があります。そのため乾かしたあとは、オイル系スタイリング剤やバームをつけて保湿をすることをオススメします。たったそれだけで、広がりも抑えつつツヤもでてまとまりやすい!こなれ感のあるオシャレスタイルになります。

 

〈スタイルチェンジのお客様の感想〉

 

くせがあるのでまっすぐが当たり前だった。でも、動きのあるスタイルをしてみたかったし、そのためには巻かないといけないからスタイリングが大変で。さらにカラーリングもするので、ダメージは気になるし。酸熱トリートメントの出現によって縮毛矯正をやめてみようと思えた。

一番やめてよかったことはダメージがかなりなくなったこと。(私もそれはすごく実感します!)ダメージが減ったことでまとまりやすくもなりました!(私も乾かしていてスタイリングが簡単になりました!)

自分のクセを活かしてスタイリングすることで、今まで気にしていたくせがあまり気にならなくなり、むしろ動きを出すためにハネさせたりするように。湿気が多い日はアイロンを使って表面だけくせを伸ばすこともあるけど、今までに比べたら格段にスタイリングは楽チンです。

 

まとめ

今までしてきたことをやめるのには不安もあるし勇気がいるもの。でも急に変えるのではなく、少しずつ変えていくことで素の状態を受け入れる準備になるかも。今回は縮毛矯正をやめたお客様の体験談ですが、決して縮毛矯正をするのが悪いことではないですし、縮毛矯正をしてスタイリングが楽になることが多いです。自分にとって何が大事でどうしたいかで、お客様と相談しながら最善の方法をとっていきたいと考えます。