Instagram始めました☀️

30代、40代の大人女性の失敗しがちな事。

武蔵小杉駅から徒歩5分。

marina hair(マリーナヘアー)で美容師をしています、工藤愛です。

 

人は年齢を重ねるうちに、色々なところが変化してきますよね。

30代になると20代の時には気づかなかった事に気づきはじめたり、40代にもなると明らかに変わってきているのを実感したりします。

見た目が変わってくるのはもちろんですが、体力がなくなってきたり、体型がかわってきたり、肌にハリがなくなってきたり、代謝が悪くなったり。数えたらたくさん出てきそうなくらい、いろんな変化がありまよね。

髪の毛も変わっていくんです!!

もちろん髪の毛も例外ではありません。

個人差はありますが、毛が細くなったり、ハリがなくなってペタンとするようになったり、パサつきやすくなったり、以前よりクセが出たり、そして白髪が出てきたり。

なんだかネガティブワードばかり言っている感じがしますが、それはそれとして受け入れつつ気を付ける意識と行動さえあれば自分の魅力を発揮できるのではないでしょうか?

 

30代、40代から気をつけてほしい事

30~40代は子育て世代はなかなか自分に時間がかけられなかったり、仕事でもだんだん責任のある立場になったりで毎日忙しくなかなかゆっくりお手入れ出来なかったりもすると思います。

でも、これからが大人女性としての20代の時とは違う魅力があるので、気をつけてほしいポイントを美容師目線でお伝えできればと思います。

髪型がずっと変わらないのは危険!

20代の頃から気づけばあまり髪型が変わらなかったり、例えばシニア世代でもそうですが、見た目が確実に変わっているのに同じ髪型だと、スタイルによっては若作りにみられたり、逆に老けて見える場合もあります。若いときはキレイなロングヘアーもパサついた状態や、ペタンとしてしまうと疲れているように見えたり。自分で気づいて、変えていければいいのですが、なんとなくいつもと一緒を繰り返していると残念な事になってしまう場合も。気になったら、美容師さんに相談してみるときっとステキなスタイルを提案してくれるはずです。

 

髪色も気をつけて!

10代や20代くらいまでは好きな髪色をするのもいいと思いますが、30代、40代になると、肌の色やメイク、服装によって髪色は大きく関わってくると考えます。肌がくすんで見えやすい色や明るめが好きな人はパサついて見えたりもするので、ケアが必要です。しかし、明るめが悪いわけではなく、年齢を重ねて自然と白髪が多くなると、かえって明るい方が似合う場合もあるので、自分にあったカラーをチョイスするといいでしょう。

 

髪がパサついていると老けてみえる!

どんな髪型もツヤのある髪は健康的に見えます。逆にパサついていると疲れてみえたり老けて見えたり。ただ、なかなかケアする時間がとれなかったりする人は、短めにしたり、毛先を軽くしすぎない、仕上げにオイルをつけるだけでもツヤっぽくなります。ただ、濡れ髪風のスタイリングは気をつけて下さいね。やり過ぎるとベタいつて見えるので。

 

トレンドをそのまま乗り入れるのは危険!

今流行っているからといってすぐに飛び込んでしまうと、思ったのと違ったり、似合ってなかったり。少し前だとシースルー前髪が流行っていましたが、世代やスタイリングを間違うとただの薄い前髪に。人によっては髪の毛が薄く見えてしまったり。トレンドはうまく取り入れるのが大人女性のポイント。

 

まとめ

美容師として見た目を中心に書いてみましたが、もちろん見た目だけが若さを決めるわけではありません。内面からでるオーラや美容に気をつけてお手入れしたり運動したり。食事を気をつけて健康でいたり。それぞれ気を付けていることにプラスして、髪の毛もちょっと気を付けることで、見た目は断然変わります。頑張っているのに髪の毛はそのままだともったいないです。頑張りすぎず、-5歳くらいで歳をとれたらなんだか将来楽しい気がしませんか?