アラフォー美容師が大人女性の悩みを解決!!

【40代からの髪の毛お悩み】No.1は白髪?!

目黒区の自由が丘でフリーランス美容師をしております、工藤愛です!!

年齢を重ねるにつれて髪の毛の悩みも出てきますよね。

私自身アラフォー世代になり日々実感しています。

20代の頃は髪の事が気になると言えば、髪型の事とパーマやカラーのしすぎでハイダメージになって髪がボロボロになってどーしよー😱というくらい。

そんなアラフォー美容師の私の目線から、同世代の髪の悩みに対して少しでもお役にたてればと思い書いてみました。

40代の髪の悩みNo.1は『白髪』

40代になると体も変化してきますが、髪の毛も少しずつ加齢にともない変化してきます。

そんな変化のNo.1は白髪

白髪が出てくると一気に歳をとったように感じますよね。

もちろん若白髪もありますが、30代後半から増え始めるのはほとんど加齢が原因。

頭のどこかではしょうがないと思っていても、白髪が出てきた事にほとんどの人は嫌悪感を感じるでしょう。

 

〈豆知識①〉

知ってました?髪の毛はもともと白いってこと。

髪の毛はもともと白く、メラノサイト(色素細胞)が働いて黒色に髪を変化させています。それが加齢やストレス、栄養不足など何らかの原因によりメラノサイト(色素細胞)が減少することで、髪の毛を黒くする働きができなくなり白いままの髪の毛に。それが白髪なのです!!

 

白髪が出てきたらどうする?

白髪を見つけたはじめの頃は、抜いていたという人もだんだん増えてきたらどうしたらいい?という声を聞くことがあります。

白髪をどうするかには正解はないので、自分がどうしたいかが大切だと私は思います。

まずは、

白髪を染めたいか?染めたくないか?

すでにおしゃれ染めをしている人なら、染め方を変えるという方法もありますが、染めていない人はカラーをするかを考えます。そして、なるべくなら染めたくないなら、染めない方法で白髪が目立たないようにします。

 

染めたくないけど白髪が気になる人は?

カラーはせずにナチュラルにいきたい!という人もいますよね。でも、白髪は気になる。そんな時は、目立たない場所に分け目を変えてみるのも一つ。

また、顔回りに白髪が多い人は前髪をつくって下ろす事で白髪が隠れたり、結んだ時に顔回りの白髪が気になるなら、顔回りは短くして後ろにまとめないようにしたりと、ヘアスタイルを変えたり、部分的にカットを変えることで白髪が気になりにくくなったりします。

〈豆知識②〉

白髪は減らすことができる?!

一度出てきた白髪は要因によっては、減らすことができます。ストレスや栄養不足、不摂生などが白髪の原因と場合はそれらが解消されるとまた黒髪が生えてきたり、加齢による白髪であれば血行をよくしたり、頭皮の状態を健康に保つことでメラノサイト(色素細胞)が活性化し、白髪が減ることもあります。ただどれも継続してケアをしないといけなく、急には変わらないので、白髪になりたくなければ早めのケアがオススメです。

 

カラーをしている人の白髪対策

すでにおしゃれ染めをしている人は、白髪が出てきたら「そろそろ白髪染めかな~」と思ってしまうかもしれませんが、白髪染めをするタイミングには正解はなく、白髪があっても白髪染めを使わないという選択肢もあります。

大事なのは自分にとって何が一番気になるのか?ということ。

そう聞くと『白髪』という答が返ってきそうですが、白髪染めをすることでまた新たな悩みが増えることもあります。

例えば、

  • 伸びてきた白髪がすぐに気になる(リタッチの日々が始まる)
  • 明るい髪が好きなのに暗くなる
  • カラーチェンジが気軽にできない
  • 白髪が気になってカラーが楽しめない

などなど。

白髪があってもストレスなくカラーをするなら、なりたい色に対して白髪をどうするかを考えるといいかもしれません。

◎白髪が見えるのが嫌、しっかり染めたい人

とにかく白髪をしっかり染めたいなら、白髪染めがオススメです。今の白髪染めはカラーバリエーションも多くなっているので、ブラウンベースで色味も楽しめます!!ただカラーチェンジの時に明るくなりずらかったり、白髪が伸びてきた時の境目はつきやすいので、リタッチのペースは早くなるかも。

 

◎明るい髪色が好きな人

明るい髪色が好きなら、今まで通りおしゃれ染めで染めても白髪は目立たないと思います。それでも気になるなら、根元を少し暗めに染めることで白髪にも色は入り、白髪がより目立ちにくくなります。しっかり染めるというより馴染むカラーです。

 

◎落ち着いた髪色が好きな人

仕事でもあまり明るくできない、落ち着いている方が好きという人は、色持ちをよくしたい、同じ色でいいなら白髪染めの方がいいかもしれません。そして、色味は変えたい、赤味が出るのは嫌という人はおしゃれ染めがいいとおもいます。白髪の染まりが気になるなら少し白髪染めを混ぜるだけでも、染まり具合は変わります。

 

◎白髪はしっかり染めたいけど明るくしたい

白髪も染めたいけど暗くなるのは嫌という声は多く聞きます。そんな時は、根元は白髪染めでしっかり染めつつ、毛先はハイライトで明るくする方法もあります。ただ繰り返し同じ方法で染めると白髪染めの部分は退色しにくく、色素が残留していますので、ムラになりやすい場合もあります。

 

◎白髪がなじむ、又は活かしたカラーにしたい

白髪を受け入れつついい感じにしたかったら、白髪染めは使わずにハイライトを使ってデザインのあるカラーにするのも一つ。白髪もハイライトとして活かしたり、あえてしっかりと染めない選択をすることで、伸びてきた白髪が気になりにくいというメリットもあります。ただ、白髪が染まってないと感じてしまってそれがストレスになってしまうなら、別の方法のほうがオススメかもしれません。

 

まとめ

40代になってくるとだんだん白髪が増えてきたり、この先どうしようかお悩みの方もいるでしょう。白髪があってもその気になり具合は人それぞれなので、自分にとって一番ストレスの少ない方法でカラーをする、もしくは髪型を変えることで、白髪とうまく付き合っていけると、白髪の悩みは少しずつ改善されるでしょう。髪の毛の悩みは美容師さんに相談しながら一緒に考えてみるのが一番です。