フリーランス美容師が大人女性の悩みを解決!!

【脱白髪染め】白髪染めからおしゃれ染めに変えたらどうなる?

【脱白髪染め】についていろいろと書いてはいますが、白髪染めが悪いというわけではなく、

「白髪を染めるのにもいろんな方法があるよ!」

という事を知って欲しいと思い書いています。

白髪に対してネガティブなイメージが少しでも軽減できたら嬉しいです。

 

 

さて今回は白髪がチラホラあり、顔まわりに白髪が増えてきたお客様です。

このパターンの人はたくさんいて、

めくった時の白髪が気になる=白髪染めしなきゃ(白髪染めに変えなきゃ)

と思い、白髪染めにシフトする人やここから何年も白髪染め生活が始まる人がいます。

そして今回のお客様も白髪染めを繰り返していたのですか、すぐに伸びてくる根元が気になるとの事で、白髪が目立ちにくくなる

【脱白髪染めハイライト】

をすすめてみました!

ただ、ハイライトを今までいれたこともないし、ましてやブリーチを使うことにも抵抗があり、そこまでガラッと雰囲気も変えたくない。

ということで、今回はブリーチもハイライトもいれない、

白髪染めで染めていたのをおしゃれ染めで染めるだけ

という方法をとります。

2か月前のカラーの時も白髪染めだったのを、白髪染めの分量を減らしてリタッチをしてあります。今回のお客様は、白髪部分が退色して明るくなるのは、それほど気にならないようなので、キレイに一色に染まる白髪染めより、白髪の染まりが薄く感じるおしゃれ染めの方が、自然な立体感がでて素敵かなと。

〈カラー後〉

おしゃれ染めで染めだからといって、白髪が全く染まらないわけではありません。

白髪のあった場所はよくみると染まりが薄いかな?と感じるくらい。ただ、明るいカラーを選ぶほど白髪の染まりは薄くなりますが、周りの毛も明るくなるので白髪は目立ちにくくなります。

このときに白髪が薄いのがどうしても気になる、しっかり染めたい!!と思うなら、白髪染めが向いているかもしれませんので、次回染める時に戻すのもアリです。

でも、気になるかもとはじめは思って生活していたら慣れてきて、むしろ伸びてきた時にいつもよりもリタッチが気にならなかった、という人もいます。

それは、おしゃれ染めだと少しずつ退色したときに伸びてきた白髪との染めていた所との境目がぼけてコントラストがはっきりつかなくなったため。

これに関しては人により感じかたは様々です。

また、この方法でカラーを繰り返していくと、白髪とある部分が自然とハイライトをいれているかのような状態になります。

そのため、はじめからブリーチで細目のハイライトをいれて、上からカラーを被せていくのが一番白髪が目立ちにくくなりますが、ブリーチやハイライトを入れずに少しずつシフトしていくのもありです。

一度白髪染めで暗くなってしまった髪の毛を明るくするのには、ブリーチを使ったり、一度では難しかったりします。

白髪染めを考えている人は、白髪をどうしたいか?

すでに白髪染めをしている人も今と同じように染め続けるのか?

選択肢はいろいろあります。

あなたにとってストレスの少ない方法はなんですか?