アラフォー美容師が大人女性の悩みを解決!!

白髪のあるお客様に赤っぽいカラーをしてみた。

自由が丘でフリーランス美容師をしております、工藤愛です!!

私の担当しているお客様は、白髪のある方が多いのですが、ずっと白髪染めをしているお客様は定期的にリタッチをして毛先が気になったら全体にカラーをして、というルーティーンになっているパターンが多い。

そうなると、ただ白髪を染めるためだけにカラーをしているという現状にストレスを感じ始める人もいます。

そこで今回は、ずっと白髪を染める事だけ考えていたお客様が「実はやってみたい色がある」ということで、初めて違う色にしてみたお話です。

 

赤っぽいカラーって似合うかな?

ずっと色にこだわりはなく白髪がナチュラルに染まるブラウンの白髪染めで染めたいたお客様。

若い子達が色んな色をしているのをみて、赤っぽいカラーに興味が出てきたようでした。今までそんな冒険したことがなかったので、不安もあるけどやってみたいという想い。

分かります!!

さらに、ゆくゆくは白髪も活かせるようなカラーにしていきたいと。

そこで今回は、白髪染めを使わずにおしゃれ染めカラー剤で、明るすぎない赤系を目指すことに。ただ毛先には白髪染めが残っているので、ダブルカラーをしない限り急には色を変えるのは難しい。

お客様も急に変わることには抵抗があるので、いつもよりほんのり赤味が出る程度にします。

もともとブラウンも赤味よりなので、似合わないはずはない。

お客様の不安も解消しながらカラーをしていきます。

〈before〉

自然なナチュラルブラウン

根元の部分にちらほら白髪があるのが分かります。

根元の部分は6トーンで染めて、毛先は8トーンを使います。毛先は明るくなりずらいので、今の明るさはそのままで色味を入れるイメージでカラーを選定します。

 

〈after〉

おしゃれ染めを使うことで、赤味の中に柔らかさがあるカラーになります。

肝心の根元は染まっているのかというと、6トーンを使うことでおしゃれ染めでも白髪に色が入ります。赤だけだと、白髪部分が真っ赤に見えやすいのでブラウンも混ぜて毛先と馴染むように。

白髪が染まるといっても、しっかり染まるイメージではなく白髪の部分は少し浮いて見える感じです。

ただしっかりみないと分からないレベル。白髪は気になりません。

さらに白髪染めをやめていくと、退色により白髪の部分が明るくなってきて、ハイライトのようにみえてきます。さらに、別のハイライトを足すことでさらに白髪が目立たなく、白髪を活かすことも可能。

リタッチの周期が伸びる人もたくさんいます。

 

〈before after〉

ガラッと変わったイメージではなくちょっと変えてみた感じのカラー。

はじめは不安だったお客様も、おもったより自然だったと安心したよう。

むしろちょっと物足りなさを感じたかもしれませんが、急に変えるよりは不安なときは少しずつがオススメ。次回のカラーの時にさらに濃くすることは可能なので、まずは失敗したかも😵と思わない事が大事。

いつもと違うカラーでお客様もいい気分転換になったようでした。

退色も見ながら次回のカラーを決めていこうと、カラーをするのが楽しくなってきたお客様でした!!

 

今の白髪染めに満足している人はそれがベストかもしれませんが、なんか変えたいな?と思ったら、白髪があるからといって諦めず、ぜひ相談してみて下さい。白髪のお悩みは人によって違うので、自分にあった施術方法でストレスのない白髪ライフをおくってほしいとおもいます。