Instagram始めました☀️

髪の毛、きちんと乾かしていますか?

髪の毛が濡れたままの状態はなぜダメ?

 

みなさんはシャンプーの後きちんと乾かしていますか?

特に気にしていない人や、なんとなく自然乾燥になってしまう人もいるかと思います。

濡れたままの状態が続くと、頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼす場合があります。

頭皮に雑菌が……

濡れたままは放置をしてしまうと、頭皮が蒸れてしまって雑菌が繁殖しやすくなります。

ボウズやベリーショートのスタイルでタオルドライですぐ乾いたり、通気性がなかりよければ問題ないとは思いますが、こもってしまう状態だと菌が繁殖して、ニオイの原因になります。

梅雨時期の洗濯物のイメージだと分かりやすいとおもいますが、湿気が多くて生乾きの洗濯物って、臭くなっていますよね。頭皮も同じ状況になります。

また、頭皮環境が悪くなると、抜け毛や薄毛の原因にもなります。その結果、ボリュームがなくなり老けみえてしまう場合も。

ドライヤーで乾かすときはまず始めに地肌から乾かすようにしましょう!

 

キューティクルが剥がれやすくなる

髪の毛が濡れている状態は、表面を覆っているキューティクルが開いている状態になります。乾かさないでいると、開いたまま乾いてしまって、髪の毛内部の水分が飛んでしまったり、乾燥や湿度などの外的影響を受けやすくなります。そのため、ツヤがなくなりパサついてしまいます。

キューティクルはとてもデリケートなので、タオルドライの時も、髪の毛どうしを擦り合わないように注意が必要です。

熱をあたえることで、開いてしまったキューティクルが閉じてツヤのある髪になるので、ドライヤーは髪によくないって思う人もいるかと思いますが、それは乾かし方の問題で、髪をかわかさないでいるとダメージの原因になります。乾いているのいつまでもドライヤーを当てているのは、やりすぎでよくないので、注意が必要です!

キューティクルとは?

キューティクルと言う言葉は聞いたことがあると思いますが、イメージとしてキューティクル=ツヤと思ってるひとは多いのではないでしょうか?

間違えではないです!

シャンプーやトリートメントのCMとかでもよく聞きますよね!

正確には、キューティクルとは髪の毛の表面を覆っている層。うろこ状になっていて、健康なキューティクルは何層にもなっています。そのため、ツヤのある髪にはキューティクルがしっかりしていることが大事です。

そのキューティクルがダメージをうけるとパサつきやツヤのない状態に。

パーマや、カラーリングもそうですが、乾燥、紫外線など日常生活でもダメージがおきます。

そのために、傷んだキューティクルの穴を埋めるためにトリートメントが必要になります!

まとめ

髪を乾かさないでいると、頭皮環境の悪化につながります。そうなると雑菌により、ニオイが気になったり、ふけやかゆみ、抜け毛や細毛のようなトラブルにも。

またツヤのないパサついた髪にもなってしまうので、髪をぬらしたらなるべく15分以内には乾かし始めることをオススメします。