Instagram始めました☀️

【酸熱トリートメント】クオライン「スリムバランサー」のすごさ

酸熱トリートメントはいま話題の髪質改善トリートメントです。

主な特徴として、

クセや広がりを抑えてしなやかなツヤ髪に導きます。

従来のトリートメントはダメージのある場所に栄養分を補給するイメージですが、酸熱トリートメントは髪の毛の内部に成分を浸透させて、酸と熱の力で芯をつくり補修。まとまりやすくツヤ髪に。繰り返すほどより持ちがよくなります。

詳しくはこちら↓

今話題の『酸熱トリートメント』って?

 

そして、酸熱トリートメントを施術するにあたって

何の薬剤をつかっているのか?

ということで、今回は普段、酸熱トリートメントをするときに営業で使っている薬剤のお話しです!

 

【酸熱トリートメントざい】

クオラインの

スリムバランサー

という薬剤を使っています。

スリムバランサーって何がすごいの?

今までの酸熱トリートメントは

  • 繰り返すと髪が固くなる
  • ウェット時の臭いが気になる
  • 時間がかかる

などの問題がありました。

ですが、「スリムバランサー」の酸熱トリートメントはその点を解消。

  • 繰り返しかけても、髪が固くなりにくいように薬剤使い分け、新成分を配合
  • 髪が濡れた時に感じる臭いをマスキング成分で軽減
  • 一浴式なので、時短できる

従来の酸熱トリートメントがあったからこそ、時間をかけて問題点を改善しています。

 

スリムバランサーは2種類

スリムバランサーにはマスクコンクマスク、2種類の薬剤があります。

 

〈マスク〉

◎パサつく髪に潤いをあたえるタイプ

・ダメージで髪が広がりやすい方

・ハイダメージで毛先がチリチリしてしまった方

・2か月以内のリピーターの方

に使用することが多いです!

 

〈コンクマスク〉

◎クセで広がりやすい髪をおさまりよくするタイプ

・うねりやクセで広がりやすい方

・加齢により毛がチリチリしてきた方

・ハリコシがほしい方

・初めて酸熱トリートメントをされる方

に使用することが多いです。

 

どちらのタイプの薬剤を使用するかは、お客様の髪質を見きわめて決めていきます。

 

『スリムバランサー』の注意点

「スリムバランサー」で酸熱トリートメントをするときはしっかりとカウンセリングをして施術をするかを決めていきます。

①カラーリングやパーマと同時施術ができない

通常トリートメントはカラーリングやパーマと同時施術することが多いですが、成分の関係上、同時施術はオススメしないとの事です。酸熱トリートメントのみ、または、カットと酸熱トリートメントでご予約ください。

 

②カラーが退色します

酸熱トリートメントは酸の性質により、カラーの色が少し退色してしまいます。カラーリングをしたばかりだと色落ちしてしまいますので、酸熱トリートメントをした後日、カラーリングをすることをオススメします。

 

③施術をした当日はなるべく濡らさないでください

酸熱トリートメントは髪の毛を濡らした時、髪の毛が少し特有の臭いが残ります。「スリムバランサー」はマスキング成分により、軽減はされていますが、当日は濡らさない方がその後の臭いが抑えられます。

 

まとめ

酸熱トリートメント「スリムバランサー」を初めて体験される方は、担当者とプランをたてて、メリット、デメリットを確認した上で施術してもらうといいでしょう。美容室でセットしてもらったようなツヤ髪がご自宅でもキープできるトリートメントです。驚きのツヤ感をぜひ体験してみてください。

酸熱トリートメント「スリムバランサー」のご相談はお気軽にメッセージください。