Instagram始めました☀️

白髪染めQ&A

何気に染めている白髪染め!

お客様からのこんな疑問。

白髪染めと普通のカラーってちがうの?

普通のカラーとは大半は、おしゃれ染め、ファッションカラーと認識している前提で回答。

白髪染めも普通のカラーも一緒。同じヘアカラーというカテゴリーの中で分かりやすく分けられてる。

白髪染めとは?

分かりやすく言うと、「白髪が染まりやすいカラーですよ!」とのこと。白髪染めは白髪を染まりやすくするために、ブラウンの色味が多く配合されています。そうすることで、白い毛にしっかり色が入って地毛となじみのいいカラーになります。また、普通のカラーよりも白髪の持ちがいいですね。

白髪染めのカラー剤も今はいろんな種類があって、「白髪染めは暗い!」って思っている人は、今じゃ明るめのカラーもありますよ。ただし、7トーンくらいまでなら白髪もしっかりと染まりますが、それ以上になってくると少し染まりが薄くなることも。明るさを優先するとブラウンの色味が少なくなるため。

オシャレ染め、ファッションカラーとは?

大半の人が普通のカラーという、ファッションカラー。ファッションカラーには発色をよくするためにブラウンの色味が少ない、又は入っていないカラー剤。そのため染まり上がりが透明感がでます。

では、「ファッションカラーだと白髪がそまらないか?」というと、そんなこともありません。5トーンぐらいのカラーだとけっこうしっかりと染まったりもします。ただし、ブラウンやベージュ系のからーなら地毛に馴染みますが、レッド(赤)、マット(緑)、アッシュ(青)系のカラーだと色がそのままの出てしまうので、白髪のところにアッシュで染めると白い所は青く、黒い毛は赤みのないくすんだ色になります。

白髪をどう染めたいかで、「白髪染めで」染めるか?「ファッションカラー」で染めるか?又は、「白髪染め+ファッションカラー」で染めるかが決まります!

サロンでは、カウンセリングをしてお客様が何を希望しているかで、カラー剤を配合しています。

 

いつから白髪染めにしたらいいの?

これもたまに聞かれる質問。私の観点からすると、

いつでもいいと思います。何を優先したいか?どういうカラーにしたいか?何色にしたいかによる。

白髪があるから白髪染め?というわけではなく、白髪があるから何色にしよう?っていう考えで、お客様もいれたら、「白髪=ネガティブ」って思ってしまうのが「白髪=ポジティブ」になって楽しんでカラーができるようになるといいなーって思う。

長々書いてみましたが、私もだんだん白髪が増えてきたからこそ、白髪が気になる人の気持ちもわかります。今はいろんなカラー剤がある時代。白髪がある人もない人も、カラーを今よりももっと楽しめたらいいなーって思う。ブログ書いていたら、改めて思った私でした!