Instagram始めました☀️

縮毛矯正はカウンセリングが大切です。

縮毛矯正をする時に注意したいこと

縮毛矯正は美容師の施術の中でも特に難しい技術です。やり方さえ分かっていれば、かけることは簡単。しかし、しっかりとした知識や経験がなければ無駄に傷ませてしまったり、断毛という髪の毛が切れてしまう最悪な結果になる事もあります。

どんな事に注意しているのか?

〈まず髪の状態として〉

  • パーマやカラーリングの履歴
  • ホームカラーはしているか?
  • 普段のスタイリングで、ストレートアイロンやコテを使っているか?
  • ダメージ具合

など、毛髪診断していきます。とっても重要な事です。これによって薬剤を選定して、どのくらい時間を置くかなど決めていきます。

今の時代、以前の縮毛矯正剤に比べてダメージも少なく、種類もいろいろありますが、状態によってはお断りすることもあります。先ほども書きましたが、髪の毛が切れてしまったり、切れる恐れがある場合はその後直すことが出来ないからです。

そして、

〈お客様の理想に近づけるために〉

  • どの部分にかけるか(全体、リタッチ、ハーフ、フロント、顔回り…)
  • 根元をどのくらいあけるか?
  • アイロンはいれる?ブロー?

などなど薬剤を決めてから、かけ方も様々です。

すべてがしっかりとできて初めて、ダメージも少なく、お手入れも簡単で扱いやすいスタイルができます。

「美容師さんに縮毛矯正かけてもらえなかった~」

っていう人もいるかと思います。もしかしたら、かけられる状態ではなく、親切心からかけなかったのかもしれません。

「縮毛矯正したらチリチリになっちゃって~」

っていうお客様もよく聞きます。無理に縮毛矯正をしたか、カウンセリングのミスから必要以上に薬剤が強かったか、時間の置きすぎか?どちらにしろ、美容師のミスから引き起こされます。

チリチリになった髪はなかなか元にはもどりません!

この時期縮毛矯正を、希望されるお客様が多いですが、定期的にカラーパーマをされている人や、ダメージが強めだなーって思う人は、特にしっかりと担当の美容師さんとコミュニケーションをとるといいでしょう。また、そういう美容師を見つけるといいと思います。

今回、私が普段の施術で思うことを書きましたが、世の中にはたくさんの美容師がいます。ただ、

『私は、この先自分が責任をとれない施術はしません』

という事です。冷たく感じてしまったらすみません(泣)

自分の担当したお客様にはきれいになって、この先も長くお付き合いしていきたいので(^^)

髪の毛に不安や悩みがある方は、お気軽にメッセージください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。