ショート・ボブスタイルが得意な美容師

ショートにしてみたいけど不安な人はまず、長めのショートから。

武蔵小杉駅から徒歩5分のところにある美容室。

marina hair(マリーナヘアー)で美容師をしています。工藤愛です!

 

「ショートにしてみたいけど不安😖💧」

お客様からそのような声をよく耳にします。

年齢を重ねるにつれ、ボリュームがなくなってきたり、髪の毛がパサつきやすくなったりして、少しずつ短くなっていく女性はたくさんいます。

ショートスタイルをみると素敵なスタイルはいっぱいあるし、いつかはチャレンジしてみたい!と思いますよね。

しかし、ショートにしたことがない人にとって肩に着かない長さって失敗したらどうしようという不安があります。

そんな方には、まず長めのショートからチャレンジしてみるのはいかがですか?

長めショートのポイント

ショートスタイルはバランスがとても大事です。一人一人骨格や髪質が違うので、カットがとても重要になります。

バランスが崩れてしまうと、

  • ぺたんこにみえてしまう
  • ハチが張って頭が大きくみえてしまう
  • 面長にみえてしまうときも
  • 顔が大きくみえてしまう

そのようなことのないよう、カウンセリングをしっかりと行います。

ショートスタイルは、えりあしの長さ・段の入り具合・耳周りの長さ・サイドの長さ・量感によってバランスが決まります。

長めのショートの場合は、長めと言ってもショートなのでえりあしの長さはある程度短くします。

段はあまり入れすぎず表面の長さを残します。

耳は隠れる長さで、サイドの長さもアゴのラインほどでカットをします。

段が少ない分、毛量が多い人は重くみえやすいので重たいところはすいていきます。そうすることで、長さはあっても重くみえずショート感がでます。

 

同じように襟足の長さが短く、サイドの長さがアゴラインくらいでも段をほぼ入れず、毛先も重めのままだとミニボブスタイルになります。

 

全体の長さは同じ感じでも、段の入れ具合と重さでボブっぽくもショートっぽくもなります。

 

長めショートのポイントは

サイドは長め・段は入れすぎ注意・えりあしは短すぎない程度に短く・耳は見えない長さ・全体的に軽め、だと長さがありながらショートっぽくみえます。

また伸びてきてもショートボブっぽくなるので、やっぱり伸ばそうと思ったら伸ばすことも簡単!

スタイリングも乾かすだけでまとまるので、ショートスタイル初心者にはオススメです。

ショートにしたいけど不安な人はまず、長めショートからしてみてはいかがですか?

ショートスタイルのご相談はお気軽にメッセージ下さい😃