Instagram始めました☀️

ショートスタイルのえりあしは、自分じゃ見えないけどけっこう大事って話!

ショートスタイルは、全体的に長めや短め、耳はみえる?みえない?、重め?軽め?などバランスによって重要なポイントはたくさんあります。

それらがうまく重なって素敵なスタイルができあがるわけですが。

その中でもショートは後ろから見られたり、横から見られたときのシルエットが大事だと私は考えます!

自分からは見えないですが、後ろ姿がキマッてるのってカッコいい!!

 

ショートのえりあしはパターンいろいろ

えりあしのカットには、首の長さやもともとのえりあしの長さが重要になります。

えりあしがもともと長めだったりするひとは、バリカンなどで内側の毛を短くして、上から被せるカットをする場合も。

◎ナチュラルなえりあし

生え際ギリギリよりも少し長めで、緩やかな段。重すぎず軽すぎずくらいのナチュラルなえりあし!

 

◎毛先がシュッと!すいてつくるえりあし

ナチュラルなえりあしをベースにけっこうすいて、軽めに仕上げます。長さは残りつつ軽めなので、ワックスをつけると動きが出やすくなります。軽い質感が好きな人にはオススメです。

 

◎後頭部にボリューム!メリハリえりあし

重さを後頭部に集めて、ぼんのくぼから下は刈り上げない程度に切り込んだえりあし。ボリュームが欲しい人にオススメなカットです!横からのシルエットが素敵!乾かすだけでオッケーです!

 

◎えりあし刈り上げ ベリーショート

えりあしを刈り上げたボーイッシュなショート。えりあしがすぐ延びるのが気になる方や、クセがスゴくで、すぐハネてしまいやすい人はオススメのカットです。

◎長めのえりあし

首が隠れるくらいの長めのえりあし。いわゆる『ウルフカット』ですね。レイヤースタイルで、全体的にはみじかいですが、えりあしを長めに残すことで、首が見えるのが嫌だ!でもショートっぽさが欲しい。日焼けが気になるって人にはオススメです。

◎えりあしの長さに合わせて段を入れずにカットしたえりあし

このように段がはいっていないと、もはやボブ!段があるかないか?重いか軽いかで印象が変わります。

 

まとめ

ショートはえりあしの作り方で、いろんなバリエーションがあります。

いつも

「伸びた分で…」

ってオーダーする人もえりあしだけちょっと変えて見るだけで、いつもと違う感じで楽しいですよ!