「アドミオカラー」でトーンダウン

「アドミオカラー」とは?

アドミオカラーはファッションカラーで主なその特徴として

①ときめきくようなツヤ感

②色持ちがいい

③髪の毛のダメージを最小限に

④ブリーチなしでもきれいな発色

が、あげられます。

そのカラーバリエーションは、9種類!

  1. アクア…クールで透明感のあるアッシュ系
  2. チャコール…やわらかく軽やかな印象を叶えるグレー系
  3. オークル…明るいのにふんわりやわらかい印象を与えるベージュ系
  4. ラセット…深みカラーで大人っぽさを演出のブラウン系
  5. ベイリーフ…ヌケ感のある外国人の地毛のようなマット系
  6. ライラック…女っぽくエレガントな雰囲気の赤系
  7. アマランス…上品でやさしげな印象のバイオレット系
  8. シエナ…まろやかなツヤを演出するベージュ系ブラウン
  9. ティア…みずみずしい透明感が印象的な青紫系

これらをミックスしながら、ハイトーンからダーク系までナチュラルでオシャレなカラーを作っていきます。

今回は、ブリーチはしていないが、だいぶ退色してしまい明るくなってしまった髪をダーク系のカラーに仕上げていきます。

〈カラー前〉

色が抜けやすくいつもすぐに黄色くなってしまうそう。今回は、ナチュラルなグレー系のアッシュバイオレットカラーに。

5トーンのチャコールベースにティアとアマランスを少しまぜています。グレーや青みをしっかり出したければ、チャコール×ティアで染めるともっと深みのあるグレーになります。

〈カラー後〉

最初の明るさからだいぶトーンダウンしました。白髪染めのトーンダウンと違って暗くはなりますが、カラー剤にブラウンの色味が少ないので、退色後も赤みが少なく楽しめるようになっています。

このくらいの暗さまで下げるとファッションカラーでも白髪は染まりますが、色の持ちを考えると白髪染めの方がオススメです。

アドミオカラーはツヤ、発色、ダメージとカラーを繰り返す人にはオススメのカラー剤。

白髪がある人もアドミオとミックスすることで、きれいな色味を楽しめるので、一度体験してみて下さい。